images
STAFF ONLY >>
モバイルサイト(スマホ)を活用するために....

Webサイト(ホームページ)を活用するために....

スマートフォンでもPC用のホームページを閲覧できますが、ページ全体が縮小されて表示されます。
人によっては縮小されたページが閲覧しにくく、その場合は「ピンチアウト(二本の指で押し広げるような動作をして画面を拡大させる)」して文字を読むことになります。
ページを拡大させると文章を読むには画面をスクロールする必要があり、せっかく訪れたユーザーに快適な閲覧環境を提供できません。

利用率の増加が著しいスマートフォンにホームページを最適化して表示させるには、PC用とスマートフォン用それぞれのホームページを制作し各々のURLで振り分けることが必要でした。
しかし今日ではホームページをレスポンシブ・デザインで制作することにより、一つのホームページがPC・スマートフォンなどアクセスしてきた端末機器に対応して内容を最適化し表示させることができます。
GoogleやYahooなどの検索サイトで2種類のページが誤検索される問題を解消するだけではなく、ホームページ制作以降の内容修正(ホームページ運用におけるメンテナンス管理)などが1つのファイルで行え るため間違いが起こりにくく時間と費用の節約につながります。

ホームページをPC用のみ制作し将来スマートフォン用のページを追加するとなると、運用中のPC用全てのページ修正が必要になるとともに、スマートフォン用の設定ファイル制作・挿入や各ページのデザイン調整などでPC用の初期制作費用程度が必要となります。
ホームページを新規・リニューアル制作するにあたりましては、将来を踏まえてレスポンシブ・デザインでのスマートフォン対応をご検討されることをお薦めいたします。

googleの検索結果に、スマートフォン対応のサイトが優遇されます

2015年4月21日からgoogleの検索結果に、スマートフォン対応のサイトが優遇されております。
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html
特にスマートフォンからgoogle検索する場合には、スマートフォン対応済みのサイトでは検索結果に「スマホ対応」という項目が表示されます。
今後モバイル端末の利用が促進されると予想されており、googleはスマートフォンを利用するユーザーにも有益なコンテンツを提供するという決意がアナウンスされております。

レスポンシブ・デザイン

friendly support for the best communication

image

松涛亭ADは、広告やマーケティングのノウハウを活かした独自のコンセプトで予めホームページの制作に関するコンサルティングを行い、その目的と将来への発展性・計画性を明確にいたします。
その上でWebサイトの内容や階層構造などの基本設計、トップから下位ページまで統一性のあるデザインやコピー、画像や映像などデジタル素材の高度な編集・加工、そして更新作業から管理・メンテナンスにいたるまで快適なインターネット環境の実現に向け総合的なサポートをフレンドリーにご提供いたしております


このページの内容「モバイルサイト(スマホ)を活用するために....」と、松涛亭ADの業務内容を紹介した「松涛亭ADについて」のPDFファイルをそれぞれご用意しております。
ご希望の方は右のPDFへのリンクからダウンロードしてください。

Windowsをご利用の方はPDFファイルへのリンクを右クリック、Macをご利用の方はcontrol+クリックで表示されるメニューから 「対象をファイルに保存」 又は 「リンクを保存」 を選択してください。

PDF 682KB モバイルサイト(スマホ)を活用するために...

PDF 391KB 松涛亭ADについて

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
「Get Adobe Reader」のボタンをクリックするとAdobe Readerのダウンロードサイトに移ります。
Get Adobe Reader